週刊isologue

571
記事

週刊isologue(第571号)外国投資家による投資(外為法改正に伴うパブコメその2)

今週も引き続き、パブコメにかかっている、外為法(外国為替及び外国貿易法)の改正に関連する政令等(つまり、より細かいところ)の改正案について見ていきたいと思います。

ところが、スタートアップ側にとっては、対象業種(つまり、どういった「IT」までが含まれるか)が、まさに今回のこの政令等の改正で決まるので、ここは極めて重要です。特に、軽めの電気通信事業や、IME、fintechあたりが、規制対象になる

もっとみる
どうもです!
3

週刊isologue(第570号)外国投資家による投資(外為法改正に伴うパブコメその1)

先週は、突然休載いたしまして、大変失礼いたしました。
(うちの90近い父親が手術して入院してたのですが、病院から「意識不明になった」と連絡があって、急遽駆けつけておりまして。おかげさまで翌日意識は戻りました。)

----

さて、昨年末に、スタートアップが投資を受ける際にも非常に関連がある、外為法(外国為替及び外国貿易法)の改正案が国会を通りました。
そしてこの週末、14日(土曜日)に、その改

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
9

今号、休刊のお知らせ

急用発生につき、予定していた本日の回を休刊させていただきます。
ご迷惑おかけします。

(仕様上、以下有料部分を設定してますが、購入いただいても何も記載してありません。よろしくお願いします。)

もっとみる
どうもです!
7

週刊isologue(第569号)上場前後の資本政策(2020年2月)

今週は、2020年2月に上場した以下の3社、

ジモティー
コーユーレンティア
AHCグループ

の資本政策を見てみます。

ジモティーは優先株式を発行してますので、登記簿でその内容も確認してみました。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

もっとみる
どうもです!
4

週刊isologue(第568号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その15)

今回は、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版の、まとめです。

IPEVは、名前のとおり、VCだけでなくPEの投資も含めています。このため、日本のVCの実務として重要となるであろう以下のような点を中心に、まとめてみました。

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
8

週刊isologue(第567号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その14)

今回も、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版について、前回の2015年版との違いも含めて内容を見ていきたいと思います。

Appendix 1は、今まで解説した個別の基準を解説抜きでまとめたもの(「Valuation Gui

もっとみる
ありがとうございます!
6

週刊isologue(第566号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その13)

今回も、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版について、前回の2015年版との違いも含めて内容を見ていきたいと思います。

今回は、Section IIIの用語集です。

以下の用語を取り扱っています。

Active Mar

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
5

週刊isologue(第565号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その12)

今回も、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版について、前回の2015年版との違いも含めて内容を見ていきたいと思います。

今回は、Section IIの「Additional Application Guidance」の5.

もっとみる
どうもです!
5

週刊isologue(第564号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その11)

今回も、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版について、前回の2015年版との違いも含めて内容を見ていきたいと思います。

今回は、Section IIの「Additional Application Guidance」の以下

もっとみる
どうもです!
6

週刊isologue(第563号)VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEV その10)

今回は、年末年始中断していた、未上場の株式や債権に関する評価基準である、IPEVの「International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines」の最新2018年版について、前回の2015年版との違いも含めて内容を見ていきたいと思います。

年明け初なので、なぜこんなややこしそうなことをやってるのか簡単にまとめておきます

もっとみる
どうもです!
7