週刊isologue

7
ノート

週刊isologue(第316号)上場前後の資本政策(2015年第1四半期:前編)

今回は、2015年第1四半期(+α)にIPOしたベンチャーを中心とする会社の資本政策の前編です。

1月は上場がなかったので社数は少なめかと思いきや、結構ありましたので、今週と来週の2回に分けてお届けします。また、この後にリンクバル、ジグソー、Gunosy、デザインワン・ジャパン、テラスカイの上場も控えていますので、後編ではそちらも取り上げる予定です。(「第1四半期」を逸脱しておりますが。)

もっとみる

週刊isologue(第315号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その6)

今回は、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の定款編の最終回です。



目次とキーワード

償還(6. Redemption)
償還の一般条項
償還の通知
株券の提出
償還後の権利
償還その他の理由で取得された株式の扱い(7. Redeemed or Otherwise Acquired Shares)
権利の放棄(8. Waiver)
通知(9. Notices)
第5条 附属

もっとみる

週刊isologue(第314号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その5)

今回も、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の「定款」について取り上げます。
今回は、「転換」の後編です。

目次とキーワード

任意転換(4.Optional Conversion)続き
Series A転換価格の修正(ブロードベース・バージョン)
Series A転換価格の修正(フルラチェット・バージョン)
設例(ブロード、ナロー、フルラチェット)
対価の決定
複数の取引日がある場

もっとみる

週刊isologue(第313号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その4)

今回も、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の「定款」について取り上げます。

今回は「転換」についての規定(優先株の規定の第4条)の前半部分までです。

目次とキーワード

任意の転換(4. Optional Conversion)
転換の権利
転換比
転換権の終了
転換時の端株の取り扱い
転換の手続きルール
転換に関する通知
発行可能普通株式数の維持
転換の効果
転換自体に関連し

もっとみる

週刊isologue(第312号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その3)

今回も、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の「定款」について取り上げます。

今回は定款の議決権についての定めを見てみます。
ひな型の各契約書でも、(経済的な権利ではなく、会社の運営や意思決定に関わる権利である)「コントロール権」について触れてますが、定款での定めが、このコントロール権のうち最もベーシックなものになります。

目次とキーワード

議決権(3.Voting)
取締役の選任

もっとみる

週刊isologue(第311号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その2)

今回も、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の「定款」について取り上げます。

特に今回は、ベンチャーのM&Aの際のアーンアウト(将来の業績に応じた支払い)や、話が違った場合の補償のためのエスクローされた金額と、優先株の関係はどうなんだろ?と今まで思っていたのですが、そのへん、このこの形の脚注の解説がマニアックで萌えましたw。

目次とキーワード

2. 清算や合併の場合
「非参加型」の

もっとみる

週刊isologue(第310号)全米ベンチャーキャピタル協会契約ひな型(定款編その1)

今回は、全米ベンチャーキャピタル協会の投資契約のひな型の「定款」について取り上げます。

目次とキーワード

冒頭の注(Preliminary Notes)
一般(General)
「No impairment条項」(No Impairment Clause)
Facebookのno impairment条項
「減損」と「impairment」
「Pay-to-Play条項」(Pay-to-P

もっとみる