週刊isologue

4
ノート

週刊isologue(第364号)VCの作りかた(その1)

昨今は、起業希望者も増えて「会社を起こす」イメージがわく人も増えてきました。

また、米国で年間6兆円の投資が行なわれているのに、日本ではその数十分の1の投資しか行われていないので、日本にはベンチャー投資マーケット拡大のすさまじいポテンシャルがあるはずですし、米国では起業や投資銀行やコンサルティングファームと並んで、VCはMBAなどの優秀な学生の就職人気ランキングでも最上位の一つなので、日本でも今

もっとみる
どうもです!
11

週刊isologue(第363号)日本に「ユニコーン」が現れなかった理由(わけ)第5回

ベンチャーが大きく成長するには、VCからの資金供給が増えることも不可欠です。
今回は、VCの資金がどうやったら増えていくかを考えてみます。

目次とキーワード

VCの数を増やすことが重要
VCはファンドサイズを増やしづらい
どのくらい拡大していけるか?
VCが増えると、市場の質も変化する
「相場」の形成
VCはファンドサイズを増やしづらい
資金供給者が少なくては社会主義国と同じに
アーリーステ

もっとみる
ありがとうございます!
5

週刊isologue(第362号)日本に「ユニコーン」が現れなかった理由(わけ)第4回

本日は、日本のベンチャーに投資をする投資側の課題の観点から、日本になぜメガベンチャーが現れにくいのかを考えてみます。



目次とキーワード

日本のベンチャー生態系における投資側の課題
投資家の層の薄さ
アーリーステージの1億円超の投資
日本と米国のエンジェルの役割
日本の上場市場の役割
VCの厚みを増すこと
独立系VCと「不完備契約」

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ

もっとみる
どうもです!
3

週刊isologue(第361号)日本に「ユニコーン」が現れなかった理由(わけ)第3回

日本と海外のベンチャー環境の構造的違いについて考えるシリーズです。

先週までのタイトルは「日本にユニコーンが現れない理由」でしたが、メルカリさんが84億円を調達して、めでたく日本初の「ユニコーン」(未上場で企業価値評価10億ドル以上)になったそうですので、タイトルを過去形にしてみました。:-)



目次とキーワード

資金調達額と企業価値
なぜ株式は10%程度ずつ調達するのがいいのか?
低比

もっとみる
どうもです!
6