週刊isologue(第55号) 「外資」はホントにライブドアでボロ儲けしたのか?

今週の「週刊isologue」は、 「『外資』はホントにライブドアでボロ儲けしたのか?」について考えてみます。

 

産経新聞社(株式会社産経デジタル)のサイト「ZAKZAK」に、

外資310億円ボロ儲け衝撃テク…ライブドア売却の深層

という記事があって、ツイッターの一部でちょっと盛り上がりましたので、今週はこのライブドアの件を取り上げてみたいと思います。

「外資」は本当にライブドアで「ボロ儲け」をしたのでしょうか?

 

ライブドアについては、昨年5月11日発行の「週刊isologue」第6号

「『ライブドア』は今、どうなっているか?」

で、その時点までの状況をまとめました。

それ以降、株主や堀江氏をはじめとする旧経営陣や会計士との和解があり、先週は韓国のインターネット最大手NHNの日本法人への(新)ライブドア社の売却も決まりましたので、以下、ライブドアの現在までの流れを整理してみたいと思います。

 

今回の目次&キーワードは、

旧ライブドアの上場廃止、商号変更
株式併合で株式数は約100分の1に
「新ライブドア」の会社分割
配当の実施
「セシール」の売却
次々に和解が成立
(新)ライブドアの譲渡
「外資」はどのくらい儲かったのか?
(LDH大株主の変遷)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第55号) 「外資」はホントにライブドアでボロ儲けしたのか?

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。