週刊isologue(第63号)ソフトバンクのファイナンス(後編)

(カメルーン戦のところ、失礼いたします。)

先週は、ソフトバンクの決算説明会の資料をもとに、ソフトバンクの財務内容の現状を俯瞰しました。

今週の「週刊isologue」は、ソフトバンクのグループの全体の財政状態を、特に、

ソフトバンク株式会社の持株構造と、少数株主持分、優先株主への優先配当金等の関係
ウィルコム(から切り出された新会社)に対する投資
社債、グループ全体の負債構造

等に注目して、分析してみたいと思います。

 

今週の目次とキーワード

ソフトバンクのグループ全貌
ソフトバンクモバイルの優先株式
ボーダフォンは「高値掴み」だったか?
未払の優先配当金が累積していないか?
累積条項
非参加条項
連結会計上の子会社の優先配当の取扱い
子会社利益からの「漏れ」まとめ
ヤフーの株主が怒っても大丈夫?
社債コールオプション
社債プットオプション
ウィルコム関係への投資
社債の発行ラッシュ(?)
発行日順社債一覧
ピークからすでに8800億円も純有利子負債を削減は本当か?
「純有利子負債がゼロ」と「実質無借金経営」
ソフトバンクのファイナンスや財務状況についての、まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。 

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第63号)ソフトバンクのファイナンス(後編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。