週刊isologue(第59号)ベンチャー企業の株主を「追い出す」方法(第2回)

今週の週刊isologueも、先週に引き続いてベンチャー企業の株主を「追い出す」方法について考えてみます。

 

先週も書きましたが、株式会社の経営者や大株主は、少数株主の利益に十分配慮して経営をすべきです。

株主に報いるように行動するのが株式会社ですから、株主の権利をないがしろにするなんてことはとんでもないですし、ましてや、将来上場を目指すようなベンチャー企業ならなおさら、株主の権利を軽く考えるなんてことは許されません。

一方で、そうは言っても、やはり人間がやることですので、特に非上場の小規模な企業においては、反りが会わない株主などいっしょに会社をやっていくのは、結局誰も幸せにならない、ということもあるかと思います。

 

先週考えたのと同じ、「スクイーズアウトされる株主と違う会社で事業を行う」という(「クラウンジュエル」的な)考え方をベースに、上記のような問題を改善する工夫をしてみたいと思います。

今週の目次&キーワードは以下の通り。

株式交換を使って別会社に移す方法
株式移転を使って別会社に移す方法
持株会社に株式を譲渡する方法
貸株を使う方法
現物出資を組み合わせる方法

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。 

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第59号)ベンチャー企業の株主を「追い出す」方法(第2回)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
2

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。