週刊isologue(第84号)繰越欠損金の利用制限は極めて危険な政策だ

先日予告させていただいたとおり、今週は、繰越欠損金の利用に関する制度変更が、ベンチャー企業や企業再生などをはじめとして、日本経済全体を疲弊させる可能性について図解入りで解説してみます。

 

 

目次&キーワード

政府税調はどんな組織?
報道から推察する繰越欠損金の制限の意思決定体制
欠損金の繰戻還付・繰越とは
繰越欠損金の損金算入制限の方式は?
財政上は単なる先送りに過ぎない
全体にはマイルドで成長・回復する企業には辛い効果
ベンチャー企業や新規事業への影響
企業再生への影響
税効果会計を通じた財政状態への影響
金融システムへの影響
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第84号)繰越欠損金の利用制限は極めて危険な政策だ

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。