週刊isologue(第361号)日本に「ユニコーン」が現れなかった理由(わけ)第3回

日本と海外のベンチャー環境の構造的違いについて考えるシリーズです。

先週までのタイトルは「日本にユニコーンが現れない理由」でしたが、メルカリさんが84億円を調達して、めでたく日本初の「ユニコーン」(未上場で企業価値評価10億ドル以上)になったそうですので、タイトルを過去形にしてみました。:-)

目次とキーワード

資金調達額と企業価値
なぜ株式は10%程度ずつ調達するのがいいのか?
低比率での調達でユニコーンを名乗るのはなぜダメか?
事業会社、CVCからの調達
「資金使途」
シグナリング効果
M&A
マーケティング費用
人材の採用
オフィススペースの逼迫
資金コスト
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:58文字
記事を購入する

週刊isologue(第361号)日本に「ユニコーン」が現れなかった理由(わけ)第3回

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
6

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。