週刊isologue(第492号)非シリコンバレーのベンチャー投資と沖縄のファイナンス

今回は、先月Forbes JAPANで対談させていただいた米国のNPO「エンデバー」のAllen Taylor氏から伺った「非シリコンバレー」のベンチャー投資の話と、沖縄県産業振興公社のお招きで講演させていただいたときに感じた沖縄のベンチャーファイナンスについての感想を、随筆モードでお送りします。

目次とキーワード:

「非シリコンバレー」のベンチャー生態系
ベンチャー・ファイナンスという「革命」が世界同時に進行中
「ベンチャーキャピタルの歴史が長い」がゆえの日本の苦労
「外野からはわかりにくい長期のビジネス」に必要なインセンティブ構造
(大航海時代の船長のインセンティブと似ている?)
「中央銀行」だった琉球銀行
「模合」と呼ばれる「講」
沖縄には日本政策投資銀行や日本政策金融公庫の支店がない
Uターン、Iターンの人材の層が厚い?
いわゆるVCファンドはない
元祖集団投資スキーム?「共同売店」
まずはファンドを作ってみたら?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第492号)非シリコンバレーのベンチャー投資と沖縄のファイナンス

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
2
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。