週刊isologue(第94号)フェイスブックは「バブル」なのか?(「映画に学ぶ」編)

昨日、フェイスブック(Facebook)社について描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」を見てきました。

この映画、ベンチャー企業が気をつけるべき論点がてんこもりなので、ベンチャー企業(特にネット系)に関わっておられる方は、見に行かれると非常にタメになると思います。

また、いっしょに見に行ったうちの奥さん(ビジネスに詳しくもないし、フェイスブックも利用してない)も「おもしろかった!」と言ってましたので、映画としても楽しめるんではないかと思います。

 

本日の週刊isologueは、フェイスブックの企業価値の話にしようと思ってたんですが、企業価値を考える前提にもなりますので、まず、映画「ソーシャル・ネットワーク」のエピソード等をもとに、ベンチャーの参考となるファイナンス面の論点について、話をさせていただきたいと思います。

 

また、日経BPさんから送っていただいた下記の本: 

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

も、フェイスブックの具体的かつ詳細な事実や数値等についてまとまっていて、非常に参考になりました。

この本の中からも、いくつかキーになる数値や事象を参考にさせていただきたいと思います。

 

というわけで今回は、映画のネタバレを含みますが、よろしかったらどうぞ。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第94号)フェイスブックは「バブル」なのか?(「映画に学ぶ」編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

こちらでもピックアップされています

週刊isologue
週刊isologue
  • ¥864 / 月

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。