週刊isologue(第37号) ベンチャー企業の事業計画(初級編)

ここのところ連続してベンチャー企業向けの話をしてますが、今回は「事業計画」の話です。

基本的にはベンチャー企業の事業計画を想定して書きますが、大企業の新規事業や社内ベンチャー、ジョイントベンチャー等の計画を立てるのにも役に立つかも知れません。

ベンチャー企業は非常に多様な事業にチャレンジするわけですので、「どんな事業にも使える汎用的な『事業計画の立て方』」なんてものは無いと思うのですが、それでも、いろんなベンチャー企業を見ていて役に立つんじゃないかと思ったことをいくつか書いてみたいと思います。

・・・ということで。

今週の目次&キーワードは以下の通り。

事業計画で一番大切なことは何か?
Excelに落としてナンボ
「分厚い事業計画」を書けば投資してもらえるか?
事業計画にはどのようなことを書くか
出来映えのレベル
どのくらいの目標を掲げればいいか?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第37号) ベンチャー企業の事業計画(初級編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
2
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

こちらでもピックアップされています

週刊isologue
週刊isologue
  • ¥864 / 月

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。