週刊isologue(第189号)インテルの時価総額を抜いたクアルコムは、なぜ儲かるのか?

今回は、先週土曜日にインテルの時価総額を抜いたクアルコム(QUALCOMM Incorporated)について取り上げます。

ARMホールディングス(同じくスマホ・タブレット時代を象徴するCPUベンダー)やインテルなどとの比較や、クアルコムの年次報告書(10-K)などから、このクアルコムとはどんな会社なのか、なぜそんなに儲かってるのかを考えてみたいと思います。

目次とキーワード

クアルコム、インテル、ARMの株価推移と各社の時価総額
各社の財務内容比較
クアルコムのビジネス
セグメント別にみた業容
(QCT、QTL、QWI、QSI、他)
驚きの役員構成
クアルコムのビジネス・戦略の何がよかったのか?
(10-Kからの推測)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第189号)インテルの時価総額を抜いたクアルコムは、なぜ儲かるのか?

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。