今朝見た夢の話

いつもはストーリーのある夢はあまり見ないのですが、もう1年以上、回転しない寿司屋に行ってないからか、先日のオバマ大統領のニュースを見たせいか、寿司屋で修行している夢を見ました。

私が親方に、

小さな子供の頃に、見よう見まねで寿司のまねごとのようなものを作ったことがあったが、親は「おいしい」と言って食べてくれた。 今考えればひどい仕事で、あんなものがおいしいわけがなかったのに。

と言ったら親方は、

おまえも親になればわかるが、親御さんは本当においしかったのだ。
なぜならお前の事が好きだったからだ。
だから技術を磨くことも大切だが、お前が究極に目指すところは、お客さんにお前を好きになってもらうことだ。
そしてお客さんにお前のことを好きになってもらうためには、技術を究極まで磨くしかないのだ。

という話でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
16

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

コメント4件

お鮨を食べろというお告げです( ˘ω˘ )
FBのタイムラインでigiさんのスシ投稿を見ているせいも大きい気がしますw。
とても細かく夢を覚えていらっしゃるのでうらやましいです(。-_-。)私はすぐに忘れてしまうのです。
私もめったに覚えてることが無いので、この夢は印象的でした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。