週刊isologue(第28号)武富士と消費者金融の現状

先週は、アイフルを中心に、消費者金融業者の「資金調達面」に光をあてて、業界がどうなっているのかを見ました。

つまり、先週載せた下の図でいうと貸借対照表の「右側」を中心に考えたわけですが、

図表1.(再掲)アイフルの連結財務諸表(クリックで拡大、単位:億円)

 

今週は、武富士を中心に、消費者金融業の「資産サイド」、つまり貸借対照表の左側に目を向けてみたいと思います。

 

目次とキーワードは、

先週の消費者金融業界の動き
消費者金融業者の資産に何が起こっているか?
大手4社の営業貸付金の利率別内訳
「ちゃんと」した審査はできるのか?
各社の法改正や債権の良質化に対する戦略
営業貸付金のフローの構造
貸付一件あたりの残高
金利引下げのインパクト推計
各社業績見込みのまとめ

等になります。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。 

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第28号)武富士と消費者金融の現状

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。