週刊isologue(第481号)上場前後の資本政策(ラクスル特別編その1)

ラクスルもメルカリ同様、優先株など、スタートアップのファイナンスの参考になるのではないかと思いまして、今回から、ラクスルの資本政策について見ていきたいと思います。

今週はまずは同社の概要から。

目次とキーワード:

ラクスルの概要
売上や利益の推移
販管費の伸びと内訳
キャッシュと「リアル」な設備投資
株式による資金調達の規模
上場直前の株主構成
売出中心のexit戦略
投資家の属性別の売却方針

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第481号)上場前後の資本政策(ラクスル特別編その1)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
10

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメント4件

リンクが切れているようです
気づくのが遅れまして失礼しました。
今はご覧いただけますでしょうか??
はい、大丈夫です。ありがとうございます。
よかったです。ご迷惑おかけしました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。