週刊isologue(第53号)日経新聞のケースで考える定期刊行物の電子化戦略

3月31日に日本経済新聞社の21年3月期の有価証券報告書も出たので、その情報も織り交ぜながら、日経新聞電子版を題材に、有料の定期刊行物が電子化していくための戦略がどのようなものになるのか、考えてみたいと思います。

今週の目次とキーワード

電子版立ち上げによるトラフィックの変化
今後のトラフィックの予測
「紙面ビューアー」が結構使われるか?
日経もついに部数減少
広告売上はどのくらいか?
電子時代に広告で勝負できるか?
ネットでコミュニティを形成できるか?
課金プラットフォームとしての可能性
先行者による大幅な固定費削減の可能性

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。 

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第53号)日経新聞のケースで考える定期刊行物の電子化戦略

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。