週刊isologue(第408号)ベンチャーの資本業務提携に必要な、たった一つのこと(第2回)

資本業務提携の第2回目です。

今回は、株主間契約等で定める拒否権を中心に取り上げます。
拒否権は、手を間違うと資本業務提携でベンチャーが一番詰みやすいところで、(将棋で言うと3手詰・5手詰といった)比較的初歩的なところです。

画像1

目次とキーワード

比率や額と、各種拒否権・事前承認事項
拒否権・事前承認事項とは
保有する比率と拒否権の発生
そのラウンドでマイナーな出資の場合
比率はマイナーだけど、1つのラウンドで過半の投資をする場合
比率が大きい場合
株主間契約内の階層構造
株主間契約というハードル
事業会社のインセンティブと企業価値向上

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。


この続きをみるには

この続き:49文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

スタートアップが事業会社から出資を受けて業務提携も行う「資本業務提携」において注意すべきことをまとめました。

または、記事単体で購入する

週刊isologue(第408号)ベンチャーの資本業務提携に必要な、たった一つのこと(第2回)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
4
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。