週刊isologue(第52号)キリン、サントリー、寿不動産

今回52号です。ということは一周年であります。

1年間ご購読いただいたみなさんも購読されたばかりのみなさんも、誠にありがとうございます。<(_ _)>

 

さて今回は今年2月に破談になったキリンとサントリーの統合について振り返ってみたいと思います。

今まで両社の統合にはあまり興味なかったのですが、ツイッターで

「サントリーの持株会社である寿不動産も『親会社等状況報告書』を提出してますよ」

と教えていただいて、「ん?」とがぜんやる気が出て来た次第です。

よく見たらサントリー(ホールディングス)も有価証券届出書、有価証券報告書を出してます。

寿不動産の「親会社等状況報告書」に添付されているのは大株主の状況、役員の状況の他、会社法上の計算書類等だけなので、情報はさほど多くはないのですが、ここからわかることを分析していきたいと思います。

今週の目次とキーワード

両社の経営規模と企業価値の乖離
寿不動産による「支配」と統合での影響
サントリー持株会社化の謎
少ない資本で巨大会社を支配するテクニック

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第52号)キリン、サントリー、寿不動産

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。