週刊isologue(第316号)上場前後の資本政策(2015年第1四半期:前編)

今回は、2015年第1四半期(+α)にIPOしたベンチャーを中心とする会社の資本政策の前編です。

1月は上場がなかったので社数は少なめかと思いきや、結構ありましたので、今週と来週の2回に分けてお届けします。また、この後にリンクバル、ジグソー、Gunosy、デザインワン・ジャパン、テラスカイの上場も控えていますので、後編ではそちらも取り上げる予定です。(「第1四半期」を逸脱しておりますが。)

取り上げた企業

KeePer技研
ファーストブラザーズ
ファーストロジック
ALBERT
シリコンスタジオ
コラボス
ショーケース・ティービー
ヒューマンウェブ
エスエルディー
RS Technologies
ファーストコーポレーション
イード
ハウスドゥ
シンデン・ハイテックス
Aiming


ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:61文字
記事を購入する

週刊isologue(第316号)上場前後の資本政策(2015年第1四半期:前編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
2
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。