週刊isologue(第81号)ヤフーのデータセンター(税務とビジネス編)

先週は、ソフトバンクからヤフーに譲渡されたデータセンター事業について、その沿革とスキームについて見てみましたが、今週は、

ヤフーの合併の実例に基づく組織再編税制のおさらい
事業の中身はどのように分割されたのか?
東京国税局による更正の内容
「事業上の必要性」はあったか?(「NOAH」と「Yahoo!モバゲー」)
買収価格は450億円は高過ぎるか?
株式譲渡契約の「繰越欠損金否認時の修正条項」
「特定役員引継ぎ要件」の使い方はどうだったのか?
なぜ(通信会社ではなく)ヤフーに売却されたのか?
まとめ(結局、ビジネス全体から見てどうか?)

といったあたりを考えてみました。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第81号)ヤフーのデータセンター(税務とビジネス編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。