週刊isologue(第141号)日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するか?

経済産業省の「未上場企業が発行する種類株式に関する研究会」から平成23年11月28日付で報告書が出ています。 ご存知のとおり、アメリカをはじめ世界のベンチャー投資では「優先株」を使うのが常識となっておりますが、日本では普通株式での投資がフツウです。 今回はこの報告書をじっくりと検討して、日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するのか?、問題点は何か?といったあたりをじっくり考えてみたいと思います。

目次とキーワード

優先株の基本
優先株は「投資家側が一方的に得する内容の株」か?
大成功の場合の「取り分」
「そこそこ」の成功の場合の「取り分」
デッドロックの発生(投資契約、会社法等)
米国exitの変遷
経済産業省研究会、報告書の2大論点
優先株式発行でストックオプションの価格は変わるか?
税務上、本当に不明確だったのか?
「社債類似株式」と比較して考える
優先株の価格に関する素朴な疑問
評価モデルはどう使われているのか(宿題)
行使価格が下がるとうれしいか?
ストックオプションの相場観
未上場時の行使
みなし清算条項(Deemed Liquidation)
なぜ米国のexitは変遷したのか?(仮説)
キャッシュフローから見た優先株と普通株の価値差の源泉

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第141号)日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するか?

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
3

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。