週刊isologue(第26号)日本航空(JAL)はどうなっていくのか?

今週の週刊isologueは、再建の行方が話題になっている日本航空(JAL)について考えてみます。

この問題、政府、債権者、株主、組合、取引先、顧客などとの関係が非常に複雑ですが、主に財務的な観点からどのような可能性があるかを整理してみたいと思います。

目次

JALの貸借対照表を読み解く際の注意点
年金の「積み立て不足額」の読み方
リース会計の読み方
(おまけ)なぜ、飛行機の型式は少ないのか?
ANAとの貸借対照表の比較
労働組合の存在
JALとANAの損益構造の違い?
財務的に見たJALの選択肢

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第26号)日本航空(JAL)はどうなっていくのか?

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。