週刊isologue(第254号)シード投資スキーム「日本版safe」作ってみました

2014.02.17

今週は、先週考察した米国シリコンバレーのスタートアップ・アクセラレーター「Y Combinator」が採用した投資スキーム「safe」を日本の法令、税務、会計の表示にあてはめて、safeの「日本版」を考えてみました。

結果として「めっちゃシンプル!」なものができたと思っているのですが、もしかすると全くシンプルに見えないかも知れません。(笑)

目次とキーワード

(旧)convertible equityを日本の実務に落とし込む際に考えたこと
「日本版safe」の基本アイデア
→「行使価格ゼロ」の「会社法の新株予約権でない」株式等交付請求権(コールオプション)=「株式をタダでもらえる権利(有償)」
オプションと呼ぶには性質が奇妙過ぎる?
A4用紙6枚程度の非常にシンプルな契約「だけ」で締結が可能!
登記も不要!
DESできるか?DESは必要か?
(フル)契約書案
「high resolution fundraising」対応(全株主の押印は不要)
次回増資と違う株価での発行(cap、discount)の問題、株式の種類
課題:こんな簡単でいいのか?そもそも使われるのか? 

この続きをみるには

この続き:77文字
記事を購入する

週刊isologue(第254号)シード投資スキーム「日本版safe」作ってみました

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。