週刊isologue(第152号)Facebook役員の雇用条件はどうなっているか

週刊isologue(第148号)創業メンバーの中途退任時に株を返してもらう方法」で、日本でも、創業初期の共同創業者などに株を渡す時に、アメリカのRestricted Stockのようなことをやった方がいいのでは、と提案させていただいただきました。

今回はFacebookを参考に、上場する規模になった企業の役員(officer)の雇用条件(Restricted Stock Unit=RSU等)を見てみましょう。


目次とキーワード

ザッカーバーグへのオファーレター
「controlled company」とガバナンス
ザッカーバーグ氏が昨年私用に使った費用
報酬は本当に1ドルになるのか?
どの程度の株を出せば全米トップクラスのスーパーな人材に来てもらえるか?
サンドバーグ氏入社のタイミングとリスク
「COO」の職務の定義とは?
「クビ」は契約で禁止されているか?
会社側都合でのクビの場合のベスティング
買収の場合のベスティング
法務担当Ullyot氏が昨年使った費用
Ullyot氏の報酬は、なぜかくも高額なのか?
オフィサー間の報酬のバランスは取れているのか?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第152号)Facebook役員の雇用条件はどうなっているか

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。