週刊isologue(第205号)日本版convertible equity試案

米国では設立間もないベンチャーに対する投資の約半分が「convertible note」になってきているとのことですが、日本ではこれに類した使い勝手のいい資金調達スキームの決定版がありませんでした。 以前、「週刊isologue(第179号)スタートアップの資金調達は「転換株式」で決まり!?」という回では、「転換株式」を使ったアイデアを考えてみましたが、これは種類株式を使うので、設立から日が浅いベンチャーが行う(3000万円未満程度の)少額の投資には複雑すぎるし、リーガルフィーも高くなってしまうんではないかというところが反省点。実際に登記できるかどうかも要検証です。

普通株式を使った、驚くほどシンプルで、日本のベンチャー向きじゃないかというアイデアを思いつきましたので、ご紹介しました。

目次とキーワード

Convertible Note、転換社債の長所・問題点
債務超過になりやすい点
貸金業法に触れる可能性
新株予約権付社債の発行の負担
米国(オリジナル)のConvertible Equityの概要
転換株式(種類株式)方式
「普通株式方式」の概要
「普通株式方式」の特長と要注意点
「普通株式方式」と他の方式の違い
資本
議決権、株式数、株価
残余財産分配権
配当
転換条件
最初から株式を発行してはダメか?
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第205号)日本版convertible equity試案

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!
3

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。