週刊isologue(第210号)これからの日本のベンチャー投資ストラクチャー(税務編)

この回では、日本においても海外と同様、個人が中心(GP)となって(下図の「LLP-LPSストラクチャー」などで)ベンチャーキャピタルファンド等を組成したら税務上どうなるか、について考えてみました。

目次とキーワード

「carried interest」は「成功報酬」ではない?
米英の「キャリー」の税務
従来の日本のVCの「成功報酬」の実務
消費税増税を迎える日本の「キャリー」
ファンドの税務は「せこい話」か?
なぜ株譲渡所得は分離課税で一定の税率なのか?
組合に法人税が課せられない根拠
「分配割合」が超重要キーワード
組合員の利益額の計算方法
法人の場合の規定
所得区分と経費の扱い(経済産業省の照会)
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 55文字
記事を購入する

週刊isologue(第210号)これからの日本のベンチャー投資ストラクチャー(税務編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
3
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

こちらでもピックアップされています

週刊isologue
週刊isologue
  • ¥864 / 月

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。