週刊isologue(第112号)東京電力の「意外?な好決算」を読み解く

先週末(5月20日金曜日午後3時半)、遅れていた東京電力の平成23年3月期の公表がついに行われました。

決算短信(pdf
決算概要(pdf
アナリスト向け決算説明会資料(pdf

 

今回の決算は、一言でいうと対前年比で増収・経常利益増益のすごくいい決算になっています。

当期純利益が1.2兆円の超ド赤字ですが、債務超過にはなっていません。

昨年12月末の純資産が約3兆円もあったので1.2兆円の損失程度では債務超過にはならないわけですが、手元のキャッシュに至っては、銀行から2兆円を調達したおかげで、3月末のキャッシュはなんと2.2兆円以上、昨年度末比で12.5倍というかなり潤沢なキャッシュを保持しています。

実態はどうなのか、詳しくこの決算の中身を見て行きたいと思います。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。 

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

週刊isologue(第112号)東京電力の「意外?な好決算」を読み解く

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

こちらでもピックアップされています

週刊isologue
週刊isologue
  • ¥864 / 月

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。