週刊isologue(第252号)起業の起爆剤になるか!? LLCの活用について考える(基礎編)

政府の成長戦略においても開業率を倍増させるといった目標を掲げていますが、起業の数を年間数万社(事業所)単位で引き上げるというのは、並大抵のことではないと想像されます。

そこで日本でも米国等にならって、合同会社(LLC)を税務上パススルーにすると、この開業率倍増目標の大きな助けになるんじゃないかという可能性について考えてみました。

目次とキーワード

合同会社(LLC)とは?
パススルーとは?
LLPじゃダメなの?
パススルー課税の計算例
「組合」とみなせば、最小限の改正で済むはず
組合の税務の位置付けの転換
パススルー課税選択の届出イメージ
期末後の計算書提出イメージ
給与所得控除は、優遇し過ぎか?
税理士会は納得するか?
法改正に向けた準備
実際の申告イメージ
株式会社など他の法人にもパススルーを認める?

この続きをみるには

この続き:77文字
記事を購入する

週刊isologue(第252号)起業の起爆剤になるか!? LLCの活用について考える(基礎編)

isologue

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。