週刊isologue(第198号)ソフトバンクのイー・アクセス株売却について(答え合わせ編)

この回では、実際に実行されたイー・アクセス株の譲渡がどういった方法によって行われたか、ソフトバンクのプレスリリースや臨時報告書をもとに検証してみました。

目次とキーワード

元旦にソフトバンクの完全子会社に
元筆頭株主「ジーエス・ティーケー・ホールディングス・スリー合同会社」って、どんな会社?
イー・モバイル統合後のイー・アクセスの株価推移
株主総会はなぜ1月17日だったのか?
会社法での制限
法令や定款以外の制約条件
株式の種類の名称
実際のスキームはどうだったか?
株式の種類の名称
株式の種類の変更方法
どういう比率で株数を減少させたのか?
なぜ議決権の数を1,649個にしたのか?
譲渡価格はいくらだったのか?
なぜ全体の株式数が220,426株というハンパな数になったのか?
どんな企業に譲渡されたのか?
なぜ第三者株主の経済的持分は0.5%になったか?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第198号)ソフトバンクのイー・アクセス株売却について(答え合わせ編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。