週刊isologue(第24号)「紙メディアの無い世界」の覇者は誰か?(後編)

前回・今回の「週刊isologue」では、「紙メディアの無い世界」の覇者は誰か?として、新聞・雑誌・書籍等の近未来がどうなっていくのかについて考えております。

前回は、まず現状の足元として、新聞社や出版社の業績がどうなっているかのおさらいをいたしました。

今回は、この現状が、近未来の「紙メディアの無い世界」にどう繋がって行くのか、そのシナリオについて考えてみたいと思います。

(ちなみに、タイトルの「紙メディアの無い世界」というのは、「ポスト”紙メディア”の世界」へは、どのようにたどり着くのか?ということを象徴的に表現してみたものですが、日本中の紙や紙メディアがゼロになることを想定しているわけではありません。念のため。)

先週の前編は、いろいろデータの下調べや仮説を固めることに終始していたのですが、twitterで@maneosenooさんに、

「ちょっと物足りない、早く後編が読みたい」

という趣旨:-)のコメントをいただいたので、「後編も物足りなかった」と言われないように、週末から月曜にかけてゴリゴリ書いていたら、印刷して21ページもの大作になってしまいました…。

今週は、@maneosenooさんに、

今週のisologue面白し。ポスト紙メディアの覇者を大胆予想!!覇権を握るのはズバリ・・・続きは週刊isologueで(笑)

と、気に入っていただけたようでよかったです。:-)

 

・・・・ということで、今週の目次&キーワードは、

紙メディアのV字回復はあるのか?
変化は直線的には起こらない
「継続企業の前提」とは?
新聞各社の資産構成と純資産、有利子負債
リストラはできるのか?
そもそも、なぜ新聞・雑誌・書籍は読まれるのか?
「プラットフォーム」とネットワーク外部性
「覇者」は誰か?(IBM ORCL HPQ DELL MSFT SONY GOOG APPL EBAY AMZN YHOO??)

等になります。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第24号)「紙メディアの無い世界」の覇者は誰か?(後編)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。