週刊isologue(第586号)VCはいかに株式を売却するか(2019前半〜その1)

(追記:大変失礼しました。2019年を誤って2018年と記載していました。お詫びして訂正します。)

今回は、2019年上期のVCの売却状況を見ていきたいと思います。
(2019年の再掲/修正部分を含みます。)

今回取り上げる企業は、2019年上期にIPOした企業のうち、VC等の投資家が上場直後に5%以上を保有していた以下の会社、

識学
リックソフト
スマレジ
カオナビ
ミンカブ・ジ・インフォノイド
ギークス
日本ホスピスホールディングス
Welby
バルテス
Sansan
ブランディングテクノロジー
ヤシマキザイ

のうち、ミンカブ・ジ・インフォノイドまでの投資家の売却を見てみます。

2019年上期は、自己資金等だけで上場まで行った企業が多く、VCが1社5%以上投資しているケースが非常に少なかったです。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

週刊isologue(第586号)VCはいかに株式を売却するか(2019前半〜その1)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
1
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

こちらでもピックアップされています

週刊isologue
週刊isologue
  • ¥864 / 月

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。