週刊isologue(第261号)ケイマン法人の研究(その2)

今回も、米国で上場を予定しているWeiboやBaiduの目論見書(F-1)から。

先週もお伝えしたとおり、米国デラウエア法人で基本定款(certificate of incorporation)と言っていたものは、ケイマン(英国法系)では「memorandum of association」、デラウエア法人で付属定款(bylaws)と言っていたものは、ケイマンでは「articles of association」と呼ぶようです。
今回はその「付属定款」の方を研究してみます。

目次とキーワード

続きは以下のURLをクリックして見ることができます。

http://www.tez.com/mag/archives/201404070302.html

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

週刊isologue(第261号)ケイマン法人の研究(その2)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!
4
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。