週刊isologue(第359号)日本に「ユニコーン」が現れない理由(わけ)第1回

今回は日本に「ユニコーン」が現れない理由について改めて体系的に考えてみたいと思います。

特に米国と日本は、投資家もベンチャーもプレイヤーが全く異なりますし、金額の規模も何十倍何百倍の違いがありますので、「同じ(シンプルな)物理法則」で考えると間違うんじゃないかと思っております。

「日本になぜユニコーンが現れないか」を考えると、日米の非上場投資の構造の違いや、日米で「エンジェル」や「上場マーケット」が果たす役割の違いなどが見えてくるとともに、はたして「ユニコーン」が登場するのがいいことなのかどうか、といったことも整理できると考えています。

目次とキーワード

ユニコーンとは
企業価値とは何か
上場企業の企業価値とは
未上場企業の企業価値とは
調達間隔の実際
米国の調達間隔
日本の調達間隔


ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:58文字
記事を購入する

週刊isologue(第359号)日本に「ユニコーン」が現れない理由(わけ)第1回

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!
3
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。