週刊isologue(第286号)「Series Seed」の研究(その2:「カプセル化」された契約書)

今回も、シリコンバレーでシード用に開発された優先株の”ひな型"「Series Seed」の契約書についてみてみます。
アメリカの契約書は日本の契約書より「プログラムっぽい」ことが多いと思いますが、このSeries Seedの契約書は、不肖私が今まで見た英文契約書の中でも最も「カプセル化」や「オープンソース」といったプログラム(コーディング)文化の影響を受けているものじゃないかと思います。

目次とキーワード

「カプセル化」+「オープンソース」でチェックの負担を軽減
投資契約書の構造
契約書本文
Exhibit A: 定義(DEFINITIONS)
SCHEDULE 1:投資家及び経営株主の一覧
契約条項(EXHIBIT B: AGREEMENT TERMS)
サインページ(SIGNATURE PAGES)
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:59文字
記事を購入する

週刊isologue(第286号)「Series Seed」の研究(その2:「カプセル化」された契約書)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
2

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。