週刊isologue(第451号)VCはいかに株式を売却するか?(第8回)

今回も、上場後、VCを始めとする投資家が、どのように株式を売却するのかを見ていきます。(以下、社名等呼びつけにさせていただいていて恐縮です。)


目次とキーワード:

力の源ホールディングスのケース(クールジャパン機構)
マクロミルのケース(ベインキャピタル)
スシローグローバルホールディングスのケース(外資ファンド)
ユーザーローカルのケース(YJキャピタル、イーストベンチャーズ)
ネットマーケティングのケース(モバイル・インターネットキャピタル)
ウェーブロックホールディングスのケース(みずほキャピタルパートナーズ)
アセンテックのケース(安田企業投資)
エコモットのケース(北海道ベンチャーキャピタル)
Fringe81のケース(伊藤忠テクノロジーベンチャーズ)
GameWithのケース(インキュベイトファンド、YJキャピタル、ジャフコ)
VCの長期保有は善なのか悪なのか?
東証1部2部上場のケースと初値の騰落率
最後の報告の「スッキリ感」
公募・売出の概要
売却の概要
役員の就任状況
各社まとめ


ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:58文字
記事を購入する

週刊isologue(第451号)VCはいかに株式を売却するか?(第8回)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
2

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。