週刊isologue(第93号)フェイスブックは「バブル」なのか?(序章)

フェイスブック(Facebook Inc.)が、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs Group Inc. )を介して、5億ドルのファイナンスを行おうとしていると報じられています。

株価から考えたフェイスブックの時価総額は、既に数千億円から数兆円になっているといった報道もあり、「フェイスブックはバブルではないか」という見方も出ているようです。

このため、今週より、フェイスブックのファイナンスや企業価値、「バブルなのかどうか」等について考えてみたいと思います。

 

今回は、「そもそも、フェイスブックのような未上場でのファイナンスが日本でできるのか?」ということについて、規制をおさらいしておきたいと思います。

問題意識「ベンチャーの資金調達をプロに手伝ってもらえないのか?」
日本の証券会社は「原則」未公開株を扱えない
例外
ファンドや法人を介在させた調達スキーム

 

次週は、

「フェイスブックの企業価値はどのくらいなのか」

「そもそもフェイスブックの企業価値を考える場合に、どのような論点があるのか」

といった本論に入っていきたいと思います。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第93号)フェイスブックは「バブル」なのか?(序章)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

どうもです!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。