週刊isologue(第47号)スタートアップ(ベンチャー)企業の現物出資

先週の現物出資は「あまりさわやかでないお話だねえ」というご意見を何人かからいただいたので(笑)、今週は新しく設立する会社や設立したばかりの会社が現物出資を活用する「さわやか」なケースについてお話したいと思います。

目次とキーワードは以下の通り。

現物出資をするニーズにはどんなものがあるか?
設立時の現物出資の手続き
ベンチャー設立で有価証券を現物出資するなんてことある?
公認会計士等に調査を頼むコストパフォーマンス
現物出資以外のスキームとの競合度
上場等を目指すベンチャーは法律上現物出資が可能でも気をつけるべきことがある。
増資時の現物出資の手続き
よく考えると不思議なDES(Debt Equity Swap)の規定
将来あるベンチャーが現物出資を行う場合の注意事項まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第47号)スタートアップ(ベンチャー)企業の現物出資

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

ありがとうございます!
1

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。