週刊isologue(第145号)エクソンモービル日本事業縮小報道についてのまとめ

今週は、1月4日に各社で報道された、石油最大手エクソンモービルの日本事業の縮小方針について考えます。

石油事業というのは、この週刊isologueで取り上げることが多いITやネット系の事業とは正反対の、「リアル」の極みの事業とも言えますし、アップルとならんで時価総額が世界最大級の会社なので、基礎的なところから事実を確認していきたいと思います。

目次とキーワード

報道された事業縮小スキームの内容
石油産業における「川下」とは
株価への影響
東燃ゼネラル石油の第4位株主「高知信用金庫」?
エクソンモービルの日本法人は「有限会社」
自社株買いの東燃ゼネラル石油への影響
東燃ゼネラル石油の現預金はほぼゼロ!?
全体の3割超もの株式を購入出来るのか?
株式売却のエクソンモービルへの影響
エクソンは何で儲けているか?(セグメント情報)
設備は世界のどこに分布してるか?(アラブではなかった)
東燃ゼネラル石油が連結からはずれると、日本地域の売上はゼロになるか?
おまけ:時価総額世界一を競うアップルとの財務比較

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:50文字
記事を購入する

週刊isologue(第145号)エクソンモービル日本事業縮小報道についてのまとめ

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!

isologue

スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。