週刊isologue(第238号)Twitterの上場(定款編1 - 残余財産分配権を中心に)

この回では、ツイッター社がどのような優先株での資金調達を行って来たかについて考えました。

株式は「Share」というくらいで、その最も重要な機能は、債権者に負債を返済した後の残余財産をどう株主間で「分配(山分け)」するか、という機能です。この機能を難しく言うと「残余財産分配権」ということになりますが、本日は、この残余財産分配権の機能を中心にツイッター社の上場申請資料を深堀りしてみます。

先週に続き、こうした実例によって、米国でのベンチャー投資(優先株)実務の片鱗をうかがうことができるのではないかと思います。

普通株からSeries G優先株まで、各種類の株式のexit金額ごとの分配シミュレーションのExcelのファイル付き。

目次とキーワード

ツイッターの本店住所(デラウェア州)は、どんなところ?
株式の種類毎の授権株式数の取り決め
「Permitted Repurchases」
優先株に、どのように残余財産が分配されるか?
「何x preferred」?
「参加型」なのか?
分配シミュレーション
「ツイッター型(?)」と「日本型(?)」、どちらが優れた優先株?

この続きをみるには

この続き:77文字
記事を購入する

週刊isologue(第238号)Twitterの上場(定款編1 - 残余財産分配権を中心に)

isologue

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは(今までほとんどしていただいたことないですしw)、ご無理いただかなくて結構です。ご興味があれば「週刊isologue」の定期購読、個別の記事の購入など、よろしくお願いします<(_ _)>

よろしければシェアもお願いします!
スタートアップやファイナンスについて考えるブログ。「週刊isologue」は定期購読マガジンです。 フェムトパートナーズ ゼネラルパートナー磯崎哲也が書いてます。 https://femto.vc/ 「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」という本を出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。